一人暮らしを始める

一人暮らしは甘くない

room

高校や大学を卒業したら一人暮らしを始めよう!という若者達、多いと思います。一人暮らし、憧れますよね。でも、そんなに甘いものではないのです家族と一緒の暮らしがいかに恵まれているか痛感せざるを得ないのですよ、これが。だってね、一人暮らしって、当然ながら自分一人しか家にいない訳で、ご飯を用意するのも、お風呂やトイレを洗うのも、洗濯して干して畳んでタンスに服を仕舞うのも、ぜ〜んぶ自分でやらなければならないのですよ。出掛けている間にお母さんがやっておいてくれる、なんてことは期待できないのです。でも、それと引き換え、という訳ではありませんが、自由を手に入れられるのですよね。家族と一緒に住んでいれば、急に友達と夕食することになったら、やっぱりマナーとしてはその旨連絡しておかなければならないでしょう。これ、意外に面倒なんですよね。で、うっかり連絡し忘れると、家に帰ってからがまた面倒。お母さんカンカンだったりして。一人暮らしならば、そういう心配はないですからね。それに、休日に遅くまで寝ていようが、飲み会で帰りが遅くなろうが、誰にも文句を言われません。あ、そういう類のことだけでなく、自分の部屋のインテリアを自分の趣味で選べますよね。そんな楽しみもあります。

おそらく、一人で何もかもしなければならない大変さと自由とを天秤に掛けたら、自由の方が上!という人の方が多数派だと思いますね。お金もかかるけど、やっぱり一人暮らしはするべきです!で、始めるなら、実家から引越ししなければなりませんね。大して荷物も無いでしょうから、簡単にできると思います。でも、友達に手伝ってもらう場合は注意したいですね。そう、お礼をどうするか。その友達も引越しするなら、お互いに手伝えばいいのですが、そうでないなら、わだかまりが残らないように気をつけましょう。

できるだけ予算を抑えられるように

そろそろ一人暮らし、始めたいなぁと思うのは、社会人になって仕事をする毎日にも慣れて、それなりにお給料をもらえるようになってきた頃ですよね。ただ、当然ながら引越しには多少なりともお金がかかります。憧れの一人暮らし生活を手に入れるには資金を貯めなければなりませんね。
なぜお金がいるかというと、引越しするのにだって業者に頼めば料金を払わなければならないし、必要最低限の家具や家電、日用品を一式揃えなけれなならないし、食料だって自分で調達しなければならないし、電気・ガス・水道の料金だって支払っていかなければならないし・・・。あ、食料や光熱費は、引越しが済んだ後のコトですけど、これらもすぐに必要になる訳ですから、のんびりしていてはいけません。
なので、できるだけ予算を抑えられるように考えておいた方が良いです。食器などは、実家であまり出番のないようなものを物色しておいて譲ってもらうのもいいですね。とりあえず一人分あればいいので、暫くの間は買わずに済むかもしれません。家具や家電も誰かから譲ってもらえればラッキーです。会社の先輩など周りに結婚を予定している人がいたら聞いてみるといいかと思います。大抵の場合、家具や家電の処分を考えているはずですから、交渉次第でゲットできる可能性大です。
引越しについては、家族に手伝ってもらって済ませられる荷物量であれば、お願いしてしまいましょう!他人に頼むより身内に頼んだ方が無難ですしね。第一、お金がかからないでしょう?どうしても荷物が多くて家族にも頼めないのであれば業者を頼むしかありませんが、単身パックなど小さな引越し用のプランがあるはずなので、ネットなどでチェックしてみましょう。
お金の無駄遣いは禁物!ですよ。事前によくシミュレーションしてみてから行動に移しましょうね。