一人暮らしの引越し

一人暮らしの引越し、どうする?

room

一人暮らしの引越し、引越し自体が初めてって場合も多いかと思います。荷物がそれほど多くなければ身内に手伝ってもらったりして完了なんてことも可能かもしれませんが、業者に頼めればかなり楽ではあるので検討しても良いでしょう。

各業者、「単身パック」など小さな引越しに対応するお得なサービスを用意しているところが多いですから、インターネットなどで調べてみましょう。引越し業者、とにかくたくさんありますから、選ぶのも大変ですよね。経験者にどこの業者を頼んだか聞いてみるのもいいですよね。
小さな引越しの場合は、あくまでも個人的な意見ですが、もちろん大手は大手で安心ではありますが、地域密着の業者で得意なところがありそうな気がするので、探してみたいですね。
地域密着の業者では、お客様に選んでもらうために様々な工夫をしていることが多いと思いますし、中でも実績を上げているところであれば、何かしら理由があるはずです。口コミなどをチェックしてみると、その内容がなんとなくわかるかもしれませんね。
業者にお願いするメリットは、とにかく一回で済んでしまうのがいいのかなと思いますね。自分だけで何とかしようとすると、例えば実家から引越す場合、最低限の荷物をまず運んでおいて残りを取りに何度も帰らなければならなかったりしますよね。近所、ならそれも気楽でいいけれど、そうでもないのならかえってしんどいはず。それに、家具や家電の設置もほとんどの業者が請け負ってくれますから、そういう心配もないですし。
引越しは体力使いますから、少しでも楽に済ませられるのに越したことはありませんよ!

 

一人暮らしの引越しを安くするなら、断然、単身パックがおすすめ!

 

単身パックは、荷物が少ない人のためのお得なプラン。1box、1カーゴといった業者が決めた枠に収まる荷物量なら、1万円台からも引越しが可能です。ただ、荷物量を比較したり、料金を比較するのも大変ですよね。そこで、下記のサイトで紹介している方法を試してみてください。料金が半額になったりすることも!
新生活をスタートするにあたって節約できる部分はきっちり節約しましょう。荷物が少なければ、単身パックで引越し料金は大幅に安く収まるはずです!

 

一人暮らしの引越し・家電設置はお任せできる?

room

一人暮らしの引越し、特に女性の場合、ちょっと心配なのが大型家電の設置をきちんとやってもらえるか?てことですよね。器用な男性だったら自分でできちゃったりするかもしれないですけど、女性でそれがOKな人はそんなに多くはないですよねぇ。

私など、今は結婚していて主人が結構その手のことを得意としているため、全く心配していないのですが、独身時代は業者の方がちゃんとやってくれるかどうかドキドキしていました。なんて書くと大げさですが、一度ひどい目にあったことがありました。
その時の引越しは海外駐在から帰任して暫くは実家に身を寄せていて、その間に一人暮らしの部屋を決めて・・・というもので、駐在先からの荷物と駐在中にトランクルームに預けていた荷物、と2種類の荷物がありました。それぞれ違う日に届けてもらったのですが、業者は同じでした。で、トランクルームからの荷物を届けてもらった時に「事件」は起きました。あ、また大げさ表現をしてしまいましたが、正直、そう思ってしまいました。
その時に運び込まれた荷物は冷蔵庫やオーブンレンジなどの家電やソファ、ベッドなどの家具。業者スタッフは1名だけで、聞けば「自分はアルバイト」だと言ってました。お喋りが多いなぁという印象でしたがまじめに作業はしてくれて、ベッドの組み立てもちゃんとやってくれました。しかし!その日の夜、早速洗濯機を使ってみると・・・なんと水漏れが!焦っていろいろ調べたのですが原因がわからず。取説を引っぱり出してみてもダメ、翌日メーカーに問い合わせもしてみましたがダメ、困り果てていましたが、ふとおかしい所に気付きました。なんと、水道とのジョイント部に必要のないパーツを無理やりねじ込んであったのがいけなかったんです。あ〜ぁ。
多少恥ずかしいとは思いますけど、わからなかったら聞いてほしいですよねぇ。・・・そんなことがあったので、ちょっとドキドキするんです。一人暮らしの引越し、家電の設置をちゃんとやってくれる業者かどうかチェックすること、オススメします!

小さな引っ越しなら…

 

荷物が少なめの小さな引っ越しなら、クロネコヤマトの単身パックや、宅急便で段ボールを送って、家電家具はらくらく家財宅急便という方法もおすすめです。

 

小さな引っ越し。荷物の少ない引っ越しだから、安くなるって本当ですか!?
詳細はこちら http://www.xn--48je9a1a7796c01dw02h.net/

「え、そうなの!?」がたくさん。一人暮らしを始める時

1BOX初めての一人暮らしでは、スタート時に「え、そうなの!?」とビックリすると共に自分の無知を思い知ることも多いかと思います。私もいろいろビックリしてきた者のひとりであります。
私の場合、大学の学生宿舎を出て初アパート暮らしを始める時の初「え、そうなの!?」は、ガステーブルを自分で用意しなければならないということでした。なんか、ガステーブルって、普通にキッチンにあるものだと思い込んでいたので、そこに住む人が自分で用意しなければならないなんて、思いもよらなかったんですよね。今となれば「当然でしょ」なんですけどね。それから、洗濯機置き場が外、というのも衝撃的でした。実家は戸建てなので家の中にありましたから、それが普通だと、これまた思い込んでいまして。あの時は2槽式の洗濯機で、卒業間際くらいに洗濯槽の蓋が外れてどこかに飛んでいってしまったなぁ・・・。それ以来、私の部屋探しのこだわりポイントの筆頭に挙げるのは「洗濯機が屋内であること」。
社会人になって、暫くの実家暮らしを経て再び一人暮らしを始めた時「世間知らず!」と叱られそうですが、またまた「え、そうなの!?」がありました。それは、ガステーブル同様、部屋の照明を自分で用意しなければならないこと!もちろん、その必要のない場合もありますが、仲介業者の担当者からそれを告げられた時、驚いて思わず「え!?」と叫んでしまいました。すると、その彼、怪訝そうな顔で「常識ですよ?」と言ったんです。恥ずかしくて下を向いてしまった若かりし頃の私・・・。
引越しを控えている若い人達、初めての一人暮らしには「え、そうなの!?」がつきものです。先輩達にいろいろ教えてもらって、慌てないようにしてください。